コース別OB・OGインタビュー


基礎コース(2年生)→アナウンサーコース(3年生)

川島 壮雄(関西テレビ アナウンサー職)
2007年3月 社会学部卒

川島さんは2年生から基礎コースに所属していました。
基礎コースでどんな授業が行われているのか? 1,2年生から活動をして得られるものは?
川島さんが経験した基礎コースについてお聞きします。


・基礎コースに入ろうと思ったきっかけは?

 社会学部は2年生からゼミが始まるんですけど、僕は第一志望のゼミに落ちてしまって、それがすごくショックだったんです。それから、ゼミに落ちたことで自分を見つめ直すようになって。そういうなかで、自分は一体何がやりたいのかなって考えていると、高校時代からアナウンサーになってみたいってちょっと思っていたんです。それで、自主マスコミ講座の存在を知って、2年生は基礎コースに入れるって聞いたから受けてみたのがきっかけですね。


・自主マスを知ったのはいつだったんですか?

 選考会の直前だったかな。4月くらい。「こんなのあるんだ」って思って。せっかくだからやってみようと思って、それから「新聞ダイジェスト」を買って図書館なんかでひたすら勉強しましたよ。


・基礎コースではどんな活動をしていたんですか?

 基礎コースはまだ3年生じゃない分、いろんなコースの授業に参加して見て回れました。僕はアナウンサーになりたいと思ってはいたけど、広告や出版もいいなって興味を持つことができたのは、すごくいい機会でした。もし自分がアナウンサーを諦めかけた時でも、いろんな業界を知っていけるから。それに3年生の先輩を間近で見られるっていうのも大きかったですね。大学1、2年生の時は「就活」って訳わからないけど、就活をしている先輩を見てると、就職活動がどんな感じかっていうのがわかる分、自分も3年生になって有利だし、だいぶ落ち着いて余裕を持って就職活動に入ることができたから、本当によかったと思います。




・基礎コースはどんな雰囲気でしたか?

 とても自由な感じでしたよ。真面目な人もいればノリの良い人もいて、いろんな人がいて面白かった。みんな同じ志を持って、毎週講座に臨めたのはとても大事だと思いましたね。1、2年生だと就活が間近じゃない分、「まだいっか」って考えがちですけど、自主マスで毎週土曜にスーツをビシッと決めて、同じ授業を受けてるだけで、モチベーションが維持できるから。


・基礎コースで印象に残っていることは?

 やっぱり夏合宿ですね。合宿までは授業を見学させてもらうことはあっても、先輩と直接話すことはありませんでした。でも合宿に行った時は、番組制作の班の人たちに恵まれたのもあるけど、すごく良い人たちで。「来年何コースに行きたいの?」って聞かれて「アナウンサーコースに行きたいんです」って言ったら、班の番組にインタビュアーとして出させてもらえたんです。先輩たちの番組のなかで一つ下の自分が出るわけだから、ミスする訳にはいかないし、とにかく必死でやりましたよ。就活でもこのとき以上に緊張したことはなかったから、あの緊張感を味わえたのがすごくいい経験になったと思いますね。また、そのときに稲増先生やアナウンサーコースの藤田先生に「なかなか良かったよ」って褒められて自信になったのが、アナウンサーを目指す決心が固まりましたね。


・川島さんは2年生という早い時期から自主マスに入りました。1、2年生から就職の準備を始めることへの周りからの声は気になりませんでしたか?

 基礎コースに入って、だんだんと経っていくなかで、自分の中で「マスコミに行きたい」っていう確固たる自信ができつつありました。だから、周りの友達に「早いんじゃない?」って言われても、早く準備しておくことに越したことはないと思えたから、その声は気になることはなりませんでした。


・3年生から自主マスに入ればいいと考えている人も多いかと思いますが。

 3年生から入っても全然遅くはないと思います。でも「3年生から入ればいい」って思うってことは、ちょっとでもやりたいって気持ちがある訳じゃないですか。だったら、もう基礎コースからやった方がいい。たとえ、試験を受けて入ることが出来なくても、その経験が必ず次に繋がると思うから。そう思って先延ばしするなら、まずやっちゃえって思いますね。


・基礎コースを経たことで、3年生になってから活かされたことはありますか?

 他の人よりも自分の道がはっきり見えていたから、迷うことなくそれに向かって突き進むことが出来たと思います。じゃあ、何でそれが出来たかと思うと、やっぱり基礎コースに入って、2年生のうちからマスコミ業界の勉強をしてきたなかで、自分としてこの道がやっぱり一番だと思ったからなんですよね。だから基礎はすごく意義のある場所です。


・基礎コースを振り返って辛かった、楽しかった?

 辛いことはあまりなかったですね。自分の行きたい道のために好きで頑張ってることだから。「アナウンサーになりたい」「マスコミに行きたい」ってどんどん思えたし。NHKのアナウンサーだったり、電通の人だったり、普通に大学生活をしていては絶対に出会えないような、マスコミ業界で実際に働いている人が来てくれるから、すべてが新鮮で、毎週講座に行くのが楽しくて。自分が成長していってるんじゃないかって思えることが楽しかったです。


・川島さんはその後、アナウンサーコースを経て、関西テレビ・アナウンサー職で内定されました。基礎コースに入る前に、今の自分を想像できましたか?

 できないですね。まさか自主マスに入れるとも思わなかった。2年生の時って自主マスは超難関というイメージだったし、倍率も高いって聞いてたから、ましてや入れると思ってないし。アナウンサーになりたいって思っていたけど、アナウンサーなんてどこの局も1人か2人しかとらないから、絶対無理だなって思っていました。でも、基礎コースに入ったことが、まず第一の自信になって。そこから始まって、先輩や先生の話を聞いていくなかでも、いい刺激になって楽しくて。そうやって、どんどん「マスコミに行きたい」と思えたことで、今の自分があると思うんですよ。だから本当に自分にとって基礎コースはプラスだったなって思います。


・川島さんにとって基礎コースとは?

 基礎コースは、やっぱり就職活動の準備期間という感じかな。就活の準備を基礎コースでやっておけば、自分の中で迷うことはないし、他の人がどうしようなにしようとか、右往左往しているなかで、自分はこれさえしておけばいいとか、そういうものを持てるから。僕の場合は基礎コースに入ったから、しっかりとした就職活動の準備ができたんじゃないかなって思います。


・では最後に、基礎コースに興味がある学生にメッセージをお願いします。

 もし迷っているんだったら、チャレンジしてみよう!1、2年生のうちからそんなに深く考えることはないから、ただ漠然と体験してみて欲しい。自分に合ってる合ってないは、後からついてくることだし。最初は軽いノリでもいいから、ちょっとでも興味があったら受けてみて欲しいです。やっぱり、まず一歩先に出ることが大事なんじゃないかな。
 逆にすごくマスコミに行きたいって思ってるんだったら、すごく刺激がある場所ですよ。現役のアナウンサーがすぐそこにいたりするわけだから。そういう人の話を聞いて、自分が本当に「なりたい」ってことをどんどん実感していけると思うし。意識の高い人は、絶対に入って積極的に動いていけばいいと思う。自主マスには悪い人はいないし、積極的に動くことにマイナスはないから、必ず応えてくれると思います。


一つ前のページへ戻る